読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like a Journey〜心の旅〜

日常ときどき旅ブログ。宮城生まれ、宮城育ち。特別頭もいいわけではないし、ごくごく普通の人。でも気がついたら悩み多き、でも想像もつかなかった人生を進行中。。。そんなブログ。いわゆる自己満w Instagram @match.kon

快晴!!天空都市マチュピチュ!

はい、移動移動移動移動ばっかに加えてWi-Fiがなく、なかなか更新できてません。近藤です。

 

3月12日、ついに天空都市マチュピチュへ!!!

マチュピチュのチケットの買い方

マチュピチュに入るには事前にチケットを買っておかなければなりません。ネットでも買えるようですが、Vナンバーなるものが必要とのこと。やってみましたが全然わからん、、、そこら中にある旅行会社が代理でチケットを買ってくれるらしいですが、手数料が入って少々割高。でもクスコには正式なオフィスがあるんです!!

f:id:kon0416:20170315224205p:plain

f:id:kon0416:20170315223748j:plain

ここで正式な値段で買えます!しかも学生だと証明できると料金が半額に!アルマス広場からも遠くないので絶対に自分で買ったほうがお得。

僕はカードで買い手数料込みで158ソル(約5500)

ちなみに客引きにオフィスと聞くとしょんぼりした顔で道を教えてくれましたw

マチュピチュへの行き方

まずクスコにはたくさん旅行会社があっていろんなツアーや移動手段の呼び込みがたくさんいますが、そんなものあてにしなくておっけー!

クスコのアルマス広場の(ひっそりとした)KFCの隣にPERURAILのオフィスがあるのでそこからマチュピチュ村までの電車のチケットが買えます。

 

f:id:kon0416:20170315210423j:plain

 

オフィスはすっごいしっかりしていて、中の人はみんなスーツにネクタイ。英語対応可。電車は時間によって値段が分けられていて、一番高い列車はまるでホテルのレストランのような雰囲気。1車両まるまるキッチンで、客室は丸いテーブルにムードのあるライト。ワインなんか回したくなること間違いなし!!
その列車に乗るお金も一緒に乗る相手もいないので乗りませんでしたが、、、泣
(走って行く列車を指くわえて見てました、、、)

ぜひ大切な人とのひと時をPERURAILでお過ごしくださいませ笑

 

僕は一番安い時間帯に乗りました。(行 8:29) 翌日(帰 15:20)

 

オリャタイタンボ駅から行き帰り合わせてUS123㌦(61+62)

 

ポロイ駅というクスコから車で約15分のところがあるのですが、そこからだと料金が高い!!!(噂によると現在ポロイからの列車は何らかの理由で止まっているらしい)

オリャタイタンボまで乗り合いのバンに乗って(1時間40分)そこから列車に乗るのが一般的。バンだと10〜15ソル(350〜500円くらい)でいけます。

 

アルマス広場からバン乗り場まで5ソルでいけます。歩いたら15〜20分くらいかな。

f:id:kon0416:20170316000804j:plain

 

朝6時に宿をチェックアウトし、バン乗り場へ。若干寝坊気味、、、

バン乗り場へ着くとバンの運転手のおじさんがオリャンタイタンボ?オリャンタイタンボ?

早く乗れと急かしてくるのでよかった〜と安心したのもつかの間、

バスがなかなか出発しない!!

 

※バンは定員MAXにならないと出発しないので早めに行きましょう

 

待つこと30分。ようやく出発。電車は8時半出発。もうこの時には電車はあきらめてましたww

がしかし、きっかり1時間40分でオリャタイタンボまで到着。よかったー。

オリャンタイタンボ駅

f:id:kon0416:20170315213923j:plain

こーーんな電車に乗ります。(ギリギリだったので写真はGoogleから拝借)

f:id:kon0416:20170315213752j:plain

中はこんな感じ。結構快適!

f:id:kon0416:20170315221631j:plain

 

そして列車を走らせること1時間半、マチュピチュ村とーーーーちゃく

f:id:kon0416:20170315222423j:plain

f:id:kon0416:20170315222432j:plain

完全に観光地でした。雰囲気は温泉街。物価がクスコより少し高い。観光地料金ですね。でも探すと安いレストランもあるので探して見てください。線路沿いにもありました。ちなみにぬるくて臭い温泉があるらしいのでぜひお試しあれ。調べてなくてぼくは行きませんでしたが、、、

 

この写真周辺にバス停があり、マチュピチュの遺跡まで行けるのですが歩いて登りました。Stand by meの映画の舞台となった列車の道。がしかし!!!

よくわからず、普通の砂利道、階段を歩きましたw

10分くらい歩いて関所のようなところでチケットとパスポートを見せ

f:id:kon0416:20170315224829j:plain

ひたすらこんな階段を2時間登りました。レインボーマウンテンより数段楽!!!

筋肉もりもりのおっさんがくっそ辛そうでしたがw

f:id:kon0416:20170315225338j:plain

そして見えて来ました!マチュピチュ遺跡の入り口!

f:id:kon0416:20170315225611j:plain

中へ入ってずーーーっと進むと

f:id:kon0416:20170315225920j:plain

f:id:kon0416:20170315225934j:plain

 

見えた!!!

ということでお馴染みの場所で1枚

f:id:kon0416:20170315230106j:plain

 

さてそこから遺跡探検!!

 

f:id:kon0416:20170315230726j:plain

f:id:kon0416:20170315230656j:plain

f:id:kon0416:20170315230714j:plain

12〜15世紀(16世紀)代まで続いたインカ帝国

日本でいうと鎌倉〜室町を経て戦国時代ってところですかね。やっぱ歴史的なものを見るとおもしろいな、、、遺跡を周りながらその時代に思いを馳せます。

 

そして遺跡終盤。お決まりポイントを遺跡側から見た写真。

こまかーーーーく人が見えるのわかるかな?

f:id:kon0416:20170315230532j:plain

遺跡には普通にアルパカ、リャマが

f:id:kon0416:20170315231334j:plain

犬もこんな感じで昼寝。どんだけ安心しきってるんだよww

f:id:kon0416:20170315231446j:plain

 

日本からのツアーで来ていた観光客のガイドさんが

天気が悪いと全く見えなくて最悪

と言っていたのが聞こえて来ました。山で天気が変わりやすいみたいですが、事前に天気を確認の上、チケットを買ったほうがよさそうです。

 

 

さてマチュピチュを思いっきり堪能したら、待ってました!!!この旅1番の山場、南米名物長距離バス移動!!

乗り継ぎ時間含め約50時間のクスコ→チリ(サンティエゴ)への道。

 

旅ブログを探して見ると、その道を通ったのは一人しか見つからない!!

では二人目のブログとなろうではないか!w

 

 

次回に続く。