読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like a Journey〜心の旅〜

日常ときどき旅ブログ。宮城生まれ、宮城育ち。特別頭もいいわけではないし、ごくごく普通の人。でも気がついたら悩み多き、でも想像もつかなかった人生を進行中。。。そんなブログ。いわゆる自己満w Instagram @match.kon

南米放浪準備!南米怖えw

久しぶりの更新。今回は旅ブログ的な感じで。先日ビザ申請をしてきて、申請時点でホテルを予約してないとビザがおりないのでホテルを予約し、いざ情報収集。
ちなみにビザ申請には東京、浜松、名古屋のどこかのブラジル大使館で直接申請。遠方の人は申請代理業者を立てるしかないみたい。
申請料金10,400円
パスポート
預金残高証明(25万以上)
or 通帳残高のコピー
航空券のチケット(eチケなど)
https://www.tokutenryoko.com/service/visa/17

やっぱり格安航空券探すなら
トラベルコが楽かなぁ。今回南米往復航空券は破格の12万8000円!!
http://www.tour.ne.jp/

 

f:id:kon0416:20170215070737p:plain


今回泊まる宿。あんまり安宿だと英語が全く通じないこともあるらしいし、100%値段イコールではないけど、値段は一種の防犯やサービスの目安だと思うので、普通の安宿よりは少しだけ高めの一泊3300円くらいの宿に。やっぱ状況がわからないって言うのが一番怖いので、、、
まぁ、一歩外に出たら変わらないが、しっかりした宿だと周辺情報を教えてくれるし、タクシー会社やツアー会社になどに繋がってることが多いのでここに決定!

さて南米を放浪するのはBucket listの1つだったんだけど、いろいろ治安の悪い話はよく聞くので正直、久しぶりにビビってます。笑 ましてや年1のどデカイイベント、リオのカーニバルの時期にブラジルに入るのでそりゃーもう危険度割り増しかなと。旅ブログやネット新聞記事などを調べてみるとファベーラと呼ばれる危険地帯が各所に広がっているらしく、そこの中には地元の警察でも犯人が逃げ込んだら追いかけるのをやめる場所もあるだとか、、、夜な夜な銃声が聞こえる事もそんなに珍しくないだとか。
ヤバすぎるだろ笑
http://www.tour.ne.jp/w_review/RIO/danger/

http://bokutabikimitabi.com/riodejaneiro-chian-14297.html

http://yokohamanogin.com/rio-favela/

http://b-tabi.com/rio2.html

でも郷に入っては郷に従え(英語でWhen in Rome,do as the Romans do. だったかな。たしか)って言葉があるようにやっぱりそこの地域にはそこのルールがあって、そのルールに従わないとなんらかの不具合が生じるよって事なんだと思う。
よく他の国の人から聞くのは日本人、特に女性が海外のどこに行っても化粧バッチリ。ネイルバッチリ。肌の露出の多い格好。立派なカバンをぶら下げてる。
日本人は目立つ。
そんなんで狙われない方がおかしいよねって話。
うん。100%同意。

あとは日本人被害のニュースも(ちょっと語学が達者にな人に限って)Barやなんかで声かけられた人とすぐ仲良くなり、ついて行った後のレイプor強盗&殺害のケース。やっぱ旅行者は自分が旅行者だってことを自覚して、知らない人について行かない、知らないところに入って行かないってことが自分の身を守る1番の方法なのかな。(人に偉そうなことはことは言えないけど。笑 ちなみにインドにて本人前科あり笑) もちろん気をつけていても被害に巻き込まれてしまうケースもあるけど、それは日本でも同じ。少し多いか少ないかの話。本当かどうかもわからない情報に踊らされるのは愚の骨頂。もちろんそういった一面はあるのは事実なのだろうけど、何かに挑戦できる時間とお金ができたら挑戦しない手はない。一度きりの人生だもん。自分の目で体でたしかめなきゃ!
これらを最低限守れば本当にいい体験ができるのが海外旅行(旅)なんだろーなって思います。

とか言いつつも自分の話に戻ると行ったことがない分、怖いものは怖いのですが(笑)
でもどこかで少しだけワクワクしてる自分もいるという少し危ない状態。絶対に好奇心に負けて死ぬことがないようにします。冗談だけど。笑

生きてるよーって報告も含めて南米放浪の情報をUPしようかなと思ってますので、南米行こうと思ってる人ご参考に、、、

f:id:kon0416:20170215070749j:plain