読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is like a Journey〜心の旅〜

日常ときどき旅ブログ。宮城生まれ、宮城育ち。特別頭もいいわけではないし、ごくごく普通の人。でも気がついたら悩み多き、でも想像もつかなかった人生を進行中。。。そんなブログ。いわゆる自己満w Instagram @match.kon

怒涛の二日半移動!イグアス→(中略)→ウユニ(ボリビア)

現在ボリビアのウユニにいるのですが、wi-fiがなかなか弱いので更新できてませんでした。ここウユニ村に来るまでの経緯を、、、

 

前回のブログにも書いたように時間が足りなさすぎることに気がついたので、

 

0416kon.hatenablog.com

 宿代を一泊分捨てて、イグアスの滝のアルゼンチン側を諦め(というかブラジル側だけで大満足したから)宿からパラグアイの国境近くのバスターミナルまでバスで行き、そこから歩いて約30分の国境へ。そのまま歩いてパラグアイへ渡ることに。

荷物を持ちながらの30分がなかなかしんどかった。。。

パラグアイ(エンカルナシオン→アスンシオン)→ボリビアサンタクルス

汗だくになりながらも歩き続けると見えた!!!!!

 

この橋が国境の橋。左側がパラグアイ

f:id:kon0416:20170304113417j:plain

f:id:kon0416:20170304114109j:plain

 

 イミグレーションを通り橋を渡る。国境↓ 緑がブラジル、赤がパラグアイ

f:id:kon0416:20170304114135j:plain

さて、橋を渡りきり、パラグアイの町(エンカルナシオン)へ

f:id:kon0416:20170306031336j:plain

ここから長距離バスで速攻でパラグアイの首都アスンシオンへ向かいます。

San Luis S.A.バスチケット6万グアラニー(約1200円)所要時間7〜9時間。

f:id:kon0416:20170306033552j:plain

途中大雨で洪水のようになってる町を通り過ぎ、アスンシオンに到着。今度はボリビアサンタクルスいきのバスチケットを即購入。

f:id:kon0416:20170306035500j:plain

 

35万グアラニー(約7000円)他の人の旅ブログを見ると26時間バス移動と書かれてる。

また1日バスかよ、、、しかもバスが停留所まで来ると、

あれ?、、、、まさか、、、、こ、、、れ?

f:id:kon0416:20170306034819j:plain

 

今までと明らかにクオリティーが違うバスが来たことにめちゃめちゃ不安に。

このバスがまた見た目通りの車内。椅子が壊れかかってる、足元狭い、もちろんエアコンもない。加えて道はボコボコでなかなかの乗りごこち。お尻が浮くこともしばしば。

 

19:30予定が少し遅れて出発。

走り出したと思ったら謎に1時間くらい停車。結局町を出たのは20時30くらい。

はぁ。。。まじかよーーー。

バス会社ほんとに間違えた。

 

厳しい路面状況の中、なんとか眠りについたのもつかの間。

朝3時ごろ国境のだいぶ手前で荷物検査があるため起こされる。

検査に犬を連れて来て、麻薬チェック(?)もあった。

 

そしてその5時間後。やっとパラグアイボリビアの国境に。

外の木でできた机の上でまた荷物チェック&入国の紙を書き(テキトーすぎだろw)

f:id:kon0416:20170306040838j:plain

建物の中で審査が。

f:id:kon0416:20170306040845j:plain

入国審査のスタッフが日本のパスポートを見るなり『ジャポーン、コンニチハ、アリガトウ、サヨナラ』

いいからはやくチェックしてくれよww とりあえずノリで合わせて笑ってたらスペイン語で『ははは、なんか笑われちまってるぞ』

というような雰囲気の会話をスタッフ同士でしてる。

いーーーから、はよーーーー。

とか思いつつも、こんな適当具合も嫌いじゃなかったりする笑

 

 

そんなこんなで審査が終わり他の乗客の審査が終わるのを待ってたら、話しかけてくれた男の子が。でも

 

ごめーーーーーん、スペイン語わからないーーー。その子の人生初であろう、言葉の通じない相手に不思議な顔をしながらもニコっと笑ってくれたので1枚パシャ

 

f:id:kon0416:20170306041719j:plain

 

無事全員審査を済ませ、またバス移動。バスで機内食なんかも出た!これは嬉しい!

ビーフを揚げたやつにご飯とフライドポテト。

f:id:kon0416:20170306042824j:plain

最悪かと思っていたバスもいいとこあるじゃん!(単純)

そして無事サンタクルスに到着!時間を見ると、

おおおおおお!!!!!

約20時間で着いた!!

 

だらだら乗ってるよりもかえってこっちの方が良かったかも!!

サンタクルス→スクレ

そしてまたまたバスチケット購入するためバスターミナルの中へ。

 

移動にはいろんな人の旅ブログを参考にしてるのですが、サンタクルスからウユニまでのチケットを買って、途中のポトシ、スクレで降され、またチケットを購入しないといけないことになってる人が多いみたいなので

サンタクルス→スクレ(ポトシ)→ウユニ

の経路で行った方が安いし、得策とのこと。

サンタクルス→スクレ 17:30発 14時間 266ボリビアーノ(約5000円)

f:id:kon0416:20170306044610j:plain

 

今回はちゃんとバスの写真を見せてくれた!よし!おっけ!!!

とか思ってバスに乗ったら

 

写真と違うやん!!思わずツッコミました笑

まぁいっか!と早速免疫がついたようであまり不安を持たずに乗車。

 

 

ボリビアはバスターミナル使用料がかかるらしいので、バスの中でお金を請求されても(3ボリビアーノ(100円)くらい)驚いたり、文句いったりしないように笑

 

スクレ→ウユニ

さてさてさて、ウユニまであと一歩!!スクレに到着!!!

もうこの時点で標高2810mの高地!ちなみにウユニは3700mのところにあります笑

 

ウユニ行きのチケットはバスターミナルの2階で買えます。はじめに行ったバス会社は

20:30発しかないと言われましたが、細い廊下に細々とバス会社が並んでるとこがあるのでそこだと他の時間帯のチケットが買えます!行った際はいろんなバス会社に聞いてみて下さい。

ちなみに僕が買ったのはこの会社

f:id:kon0416:20170306054322j:plain

 

朝9時半発のウユニ行きのバスチケットを70ボリビアーノ(約1300円)で買い、現地の小さなカフェで朝ごはん!

来ている人たちを観察すると、ボリビアの人はみんな甘党なのか、大きめのマグカップのコーヒーにスプーンでドバドバ砂糖を入れてる。このおばぁちゃんもでしたw

f:id:kon0416:20170306052900j:plain

おいおいおいおい、スプーン10杯超えたぞw ビビりましたw ちょっと引きましたw

 

よし!それでは出発!
その時にどこのバス会社にも神棚的なものがあるのに気がついたので神棚を撮ろうとしたら勘違いしたおっちゃんがポーズを決めて来たので、撮ってあげたw 大きなGood👍をして仕事に戻って行きましたw (後ろが神棚)

f:id:kon0416:20170306061619j:plain

 

スクレではターミナル使用料を払うところがあるので払ったら、払った領収書をもらってバス乗り場に行って下さい。じゃないと乗せてくれませんw

 

スクレやその周辺の街並み、景色。

 

f:id:kon0416:20170306052550j:plain

f:id:kon0416:20170306055332j:plain

f:id:kon0416:20170306051758j:plain

f:id:kon0416:20170306052356j:plain

f:id:kon0416:20170306052451j:plain

 

ほんとに感動の一言。

 

こんな高地に人がいて、そこにそれぞれの生活があって、歴史があって。写真では上手く伝わらないので撮らなかったが、日本では見ることのできないどこまでも続く広い大地があって。

 

景色を見ながらいろんなことに思いを馳せてたら、心にじわじわと感じる何かが。そして目頭が熱くなる。

地球ってでっっっっっけー!!広い!!

 

そこでまた幸せについて考える。

 

なんか完全に病んでる人みたいですねwww わたくし、近藤まっち、元気ですのでお気になさらずw

旅に出ると感情的になり、色々溢れ出るだけですw

 

そんなこんなでウユニに3/3の18時着。

 

ウユニ塩湖の星空からの日の出。

朝から日の入りまでの2つのツアーに参加しましたが噂通りの絶景でした。

それはまた次のブログで。

 

 

悪魔の喉笛、イグアスの滝!

悪魔の喉笛

今日は晴天にも恵まれ、いざイグアス国立公園(イグアスの滝)へ!

マップ、滝デカすぎ、、、

f:id:kon0416:20170301105038j:plain

 

入場料64レアル(約2400円)出身別値段があるのか、国籍聞かれました。ちゃんとJAPAOと明記されてます。(ちなみに僕の手ではないですよw)

f:id:kon0416:20170301105634j:plain

 

 

こーーんなバスに乗って滝まで向かいます

f:id:kon0416:20170301110015j:plain

二階席があり、窓がないので風が当たってほんとに気持ちいい!

f:id:kon0416:20170301110243j:plain

 

一番メインの滝まで何箇所か見所スポットがあるようで、スポット毎にバス停がありました。しかしそんな所には脇目も振らず、メインの滝群に直行!!

バスから降りた瞬間轟音と共にこんな景色が!

f:id:kon0416:20170301111034j:plain

うぉおおおおお!!すげぇ。。。

森の中に作られた道を進み滝がどんどん近づいて来ます。(わくわく)

f:id:kon0416:20170301111328j:plain

カナダのナイアガラの滝にもあるようなボートツアーがイグアスにもあるようです

f:id:kon0416:20170301111144j:plain

 

さぁ、いよいよ滝、目の前!!水しぶきがすごすぎて、びちょびちょ。水しぶきというより雨!!!!

f:id:kon0416:20170301111420j:plain

f:id:kon0416:20170301111223j:plain

 

悪魔の喉笛、その名に恥じない豪快な滝でした!!!

 

南米のデカさ舐めてた、、、

部屋に戻り今後の日程をおおまかにと話ししていたら、、、

 

あれ?、、、

 

このままだと日程やばい!!!移動だけですっごい時間取る!!!!!!!!

 

しかもバスの本数1日に一本しかないとこもあるのかよ!!

明日から移動だけで二日??イースター島ってラン航空の独占でチリのサンチアゴかアメリカのタヒチからのみなの??しかも航空券めっちゃ高いしwww

 

などなど日程がきっつきつになることが判明!!

そのため明日、急遽、宿を1日早くチェックアウトしてパラグアイに向かうことに決定!

たくさんの旅ブログを参考にさせてもらって情報を集めようとするのですが、情報が古い!情報が少ない!など不明な点がいろいろ。

さぁ、今後どんな展開になっていくのか!?不安と共に自然とニヤニヤ、わくわく。

 

今までの旅人が通った道を僕らが通っているので、こうやって少しでも何か最新の情報をUPしてのちに通る人の道を作って行きたいと思います。

 

ではアディオス!!

 

f:id:kon0416:20170301121435j:plain

 

イグアス到着!!

出会い別れ

今回一緒に行動したスーザンとジェームズに別れを告げ、いざ、イグアスへ!!

ブルガリアジョージは朝早々出て行ってしまいお別れできなかった。。。

f:id:kon0416:20170228114950j:plain

ジョージとは二日間ともに行動し、二人でサンバに酔いしれ、二人で携帯を盗まれるという結果に。でもJust phone!もっと大事なものを得ることができたからおっけ!!
ってことにする!!!笑

Hope to see you again,guys!!

 

リオからイグアスへ

リオからイグアスまでのチケット!327レアル(約12000円)

f:id:kon0416:20170228101333j:plain

セントロ地区から497番バスに乗ってバスターミナルで直接購入

バスの運転手に(Rodoviaria)と書いた紙を見せればいいかも!長距離バスっていう意味らしい。f:id:kon0416:20170228102303j:plain

 

f:id:kon0416:20170228103946j:plain

チケットを買うのにもなかなか一苦労、、、南米、英語が通じる人がほとんどいない!!こんなにも通じないものなのか!!!!!

 

でもすっごく一生懸命教えてくれる人や、バスで降り過ごすと、また戻ってそこで降ろしてくれる運転手、暗い道を歩いてると声をかけてくれる人が多い!もちろんひどい犯罪や、物の盗難とかはある国だけど、みんながみんなそうではない。こうやってすっごく親切にしてくれる人がたくさんいる国でもあるんだなって改めて好きになった!!!!!!心のどこかでこういう優しさに触れたかったんだろうな〜

 

f:id:kon0416:20170228115250j:plain

 

長距離26時間バスww がしかし、南米はバス移動が多いからか席が超快適!
日本で26時間バスに乗ったらほんとに1〜2日動けなくなりそうだが、足元広いし、席ふかふかでそんなに体にダメージがなかった(時間は長かったけど、、、)

 

イグアスバスターミナル

f:id:kon0416:20170228121231j:plain

 

さて、なんやかんやでなんとか南米入りしたセラとも無事合流し、二人旅スタート

 

本人の希望により顔出しNG笑

 

明日はいよいよ世界一のイグアスの滝(ブラジル側)!!!

 

 

 ここまでのリオデジャネイロ

コルコバードの丘はもう一度帰りの飛行機でもどって来たときに行く予定。前回の記事で携帯盗まれたからカーニバルの写真がありませんでしたが、たまたま昨日移動の時に小さめのカーニバルの集団に遭遇したので、リオの観光地の写真と一緒にアップ〜。雰囲気だけでもどうぞ!前回も言いましたが機会があれば是非自分で体験を〜。絶対後悔はしません。

 

f:id:kon0416:20170228122521j:plain

f:id:kon0416:20170228122755j:plain

f:id:kon0416:20170228123245j:plain

f:id:kon0416:20170228123422j:plain

f:id:kon0416:20170228123913j:plain

 

こんな感じで楽しくやってます!!!ではアディオス!

This is the biggest carnival in the world!!

リオのカーニバル(2日間)

はい、今回はずーーーーっと楽しみにしていたリオのカーニバルの話!!
1日目は同じホテルのブルガリア人のジョージと。

二日目はジョージに加えて、イングランドのカップル、ジェームズとスーザンとサンバに参加!

はじめに言っておきます。写真はなしで書きたいと思います。なぜかって?それはあの興奮と熱気を自分の肌で感じて欲しいからです。

 

と言いましたが、半分本音、もう半分は、、、、、、何かって?

 

携帯やらかしましたwwww

 

結構注意していたのですがサンバが流れる中、人々が熱狂する中、浮かれていたのは否めません。反省。。。

 

 

 

でもそんなことがどうでもよくなるくらい楽しいかった!!!!!

 

 

昼間から街中いたるところでサンバが流れ、人々は皆サンバに酔いしれ、踊り狂い、酒を浴びるように飲む

 

なんだこりゃ。。。

 

 

大人、子供関係なし。じいちゃん、ばぁちゃんだってサンバを歌い、派手なコスチュームを身に纏い、若者と同じように踊る。

なんか一般的に想像するブラジルのイメージの根源を見た気がした。あの底抜けに明るい彼らの原点を見た気がした。

 

そればかりではなく、盛り上がりすぎて周りではあっっっっっっっつーーーーい口づけを交わす人たちが何人も。笑 口づけというより、お互いを食ってるかのような激しいやつww

 

カルチャーショックでした。

 

パレードの波に参加してると頻繁に「ジャポネーゼ!!!」って声をかけられ、ひたすらポルトガル語で話しかけられ、ノリで相手すると大きな歓声が笑

 

歓一緒に写真撮ろうなんて言ってくる人まで、、、もちろん全員が全員、好意を持って近寄って来ているわけじゃないのはわかったけどでも英語が話せるブラジル人は

俺日本好きなんだよ〜〜

って熱弁してくる。

 

地球の裏側でこうやって言ってもらうことは本当にうれしいものだ。

 

リオのカーニバルに参加するための注意点

携帯などの貴重品は持っていかない

どうしても持っていきたい場合は取られるのを覚悟しておく。カバンではなく手提げ袋にいれて、袋の口を握りしめておくのがいいかも。お金は100レアル(3500円)くらいあれば1日過ごせるので他のお金、カードは宿に置いておく。

何と言ってもノリが大事

簡単な英語でも通じない人が多いので、なんとなくサンバの流れに乗ること。耳で聞こえたまんま現地の人と騒ぐとめっちゃ喜んでくれる。その時にも荷物は注意!

・簡単なポルトガル語を勉強しての臨め!

今回一番残念だったのがせっかく話しかけてくれているのにまじでなに言ってるかわからないということ。日本人ということでいろんなところで声をかけられるので、フレーズで何個かポルトガル語を覚えて言ったらもっと面白かったかも。男性の皆さん、口説き文句なら現地の女の子と絡めますよ(たぶんw)

一人よりもやっぱり二人、三人

今回たまたま仲良くなった同じバックパッカーの人がいたから本当に良かった。一人よりも断然楽しいし、安全!一人旅でもリオのカーニバルに参加する際にはできれば一緒に楽しさを分かち合う人がいれば楽しさ倍増!!

・写真は心のファインダーで!

防犯という面からもおすすめしたいのだが、一番の理由は写真や動画を撮ることにこだわらず、その瞬間瞬間を思いっきり楽しもうということ。撮りたい人は数枚写真を撮ったら、しっかりとしまって躍り狂え!!

 

生きるってなに?

パレードの中、こんな考えがふと頭をよぎる。こんな考えはブラジルの人にとってはナンセンスなのかもしれないけど老若男女問わず歌って騒いで踊ってる姿を見たらそう思った。それくらい一体感というか、雰囲気というものに感動した。

異国の地で、非日常の世界だからこそこう思ったのかもしれないけど、彼らは生きてるっていう実感を少なくとも日本人よりも感じてるように思う。

僕らはいつ生きてるって実感するだろうか?

 

その瞬間瞬間を最大限に楽しむ。これが僕が忘れていた感覚なのかもしれない。以前Facebookで書いたことがあったが、ワクワクという感覚が最近欠如していることに気がついた。その抽象的だけど確実に存在するワクワクという感覚。まだ少し残っていたその感覚を辿ったらブラジルにいた。まだ来て数日だけど来て良かった。

いろいろと気がついたことがまだあるのだが、それは旅の最後に、、、

 

さっ今日、世界一の滝、イグアスの滝に向かいます!!20時間以上のバス。きっつ。

チケットの買い方などは次に書きますのでご参考に。

 

 

リオデジャネイロ1日目

まずNew Yorkの乗り継ぎの話から。

アメリカ🇺🇸は入国がめっちゃ厳しい、ビザを取るのが大変って話は聞いてたけど、ここまでとは、、、

 

日本から12時間のフライトでNew Yorkへ到着。次の飛行機まで2時間しかないので、

f:id:kon0416:20170224105239j:image

飛行機を降りるとこんなものを渡され、入国審査へ。すると審査のおっちゃん

Do you have Esta?

 

え?エスタってなに?

 

そしたらとりあえず付いて来いとのこと。俺、なんか問題あった?

って聞いたら

いや、パスポートをチェックするだけだから大丈夫だ。

なーんだ、よかった。と安心したのもつかの間。

 

入国に関してなにかしら問題があった人達が行く部屋に連れて行かれ、尋問。

 

メガネをかけた頭良さそうで高圧的なぽっちゃりお姉さんが

 

エスタ持ってる?

俺:いや、持ってない。そもそもエスタってなに?

 

エスタは入国許可証。なんで持ってないの?ここアメリカだよ。違法に働きに来たのかい?LOL

俺:いやいや、ただの乗り継ぎだよ

でもあなた今アメリカにいるでしょ?

俺:うん

それじゃエスタないと入国できないよ。

 

なぬーーーーーーーーー!

 

え?俺、どうなるの?笑 

帰国?笑 

いや笑えない笑えない

 

黒人の仲良くなったらおもろそーなおっちゃんスタッフにも

ブラジル🇧🇷行くんだったら入国許可証持ってるのか?

俺:持ってるよ

アメリカも一緒だよLOL

と自分の頭を指差し、その後両手を横に広げ、お手上げ🤷‍♂️みたいなポーズ。

 

知らなかったんだって!!!てかアメリカ乗り継ぎだけなのに厳し過ぎだろ。

 

そこへ、JALのCAさんが。

話を聞くと、エスタはVisaとはまた違う入国許可証らしくて、どんな理由であれ、アメリカに少しでも入るときは必要なんだとか。。。

 

まじかよ。よく乗り継ぎってしたけど、こんなん初めてだわ。てか日本から荷物預けたとき、入国しないなら大丈夫みたいな感じで、なにも知らされなかったのにー。

 

とまぁ、ぶつぶつ言ってもしょうがないので、ネットからエスタの申請をする。

14USDで作成から2年間は有効らしい。

f:id:kon0416:20170224111217j:image

ネット環境が悪かったり、他にも人がいたとかそんな理由で時間がどんどんなくなっていく。

申請が終わって、入国できた時には出発まで残り30分。ヤヴァイ。

 

ごめんなさーーーい

って感じで横入りをして、荷物検査や身体検査に進む。しかし、荷物の受付時間が過ぎてしまい、日本から持って来た液体類は全て処分されることに。とほほ。

 

そしてさすがはNew YorkのジョンFケネディ空港まじででかい。

CAのお姉さんとダッシュダッシュダッシュ。

搭乗の名前呼ばれてるしー。

 

バックパックを持ちながらダッシュはなかなか辛かったがなんとか間に合う。

 

~教訓~

アメリカで乗り継ぎのときは、いや、乗り継ぎでどこかにいく際は乗り継ぎの国のことも調べましょう

 

さて、肝心のリオデジャネイロの話。とりあえず空港でいろいろ情報を集め、宿に向かう。

f:id:kon0416:20170224113327j:image

こーんな黄色いタクシーに乗りました。

なんか他の人のブログやネット記事によると割安だけどちょっと危険、割高だけど比較的安全なタクシーがあるらしい。ちなみに流しのタクシーはぼったくりなどの被害が多いので辞めといた方がいいとのこと。

http://univer.net/staffblog/&type=article&art_id=375

https://i.4travel.jp/review/show/12325751

これは一番見た方がいいかも↓

http://www.otoa.com/support/city_detail.php?area=G&country=BR&city=RIO&kdde=13

とまぁ、こんな感じです。

 

今日は移動疲れか時差ボケか、昼間1時間くらいホテルの周りを散歩した後、めちゃめちゃ眠くなり、ホテルへ戻る。昼寝してまた出かけようと思ったのだが、気がついたら7〜8時間寝てた。

まっ、こういうのは身体が最優先だからいいか。

明日はリオのカーニバル!楽しみもありつつ怖いところもあるけど、でもやっぱり楽しみだなー。

f:id:kon0416:20170224120747j:image

f:id:kon0416:20170224120745j:image

 f:id:kon0416:20170224120727j:image

リオのセントロ地区(ダウンタウン、いわゆる下町)の街並み。

写真だと綺麗に写ってるけど、少し汚いヨーロッパって感じ。

そこらへんからはカーニバルが近いからかサンバのリズムやビールを箱買いする人達が目立つ。お店もセールしてるし。

f:id:kon0416:20170224120655j:image

 

まっ、そんなこんなでリオの観光地はまた明日。

Tchau!! チャウ!(ポルトガル語:さよなら)笑

 

 

【南米旅スタート!】空港での男。

いよいよスタート、南米の旅!

f:id:kon0416:20170223210550j:image

オーストラリアから帰国ぶりの成田。

今回のフライトはどこの会社かなーって思ってたらなんとJapan AirLines(JAL)!!!!

f:id:kon0416:20170223211013j:image

 

高すぎていつもJALANAは乗らなかったのですが、航空券を先に買って後から運行会社が決まるパターンのチケットで運良くJALに。ちなみにリオとの往復で12万8000円。荷物代たぶん混み。素晴らしい…

機内食もなかなか豪華。12時間フライトの2食目はくまモンスペシャル+ハーゲンダッツ

f:id:kon0416:20170223213052j:imagef:id:kon0416:20170223213049j:image

機内食ハーゲンダッツ出るんだ。素晴らしい、、、

 

さて話は戻り、フライトまで時間あるので空港のお店をまわってたら、

Ar... Are....Are you Japanese??

と声をかけてくる空港にいるにはちょっとおかしな雰囲気の男。

明らかに怪しい。。。少しだけ、ホームレスのような雰囲気も漂ってる。その人がおもむろにポケットから出した16円。

 

男『腹が減ってるんだけど、これで何か買える?』

いや、おっさん、日本にいたらわかるでしょーよ。絶対無理!!

 

俺『残念だけど、これじゃ何も買えないよ』

話を聞くとロシアから来て、フライトが明日なんだけど、金は底をつき、どうしようもないという。明日まで成田で飛行機を待つとかって、、、

 

これはたかりだなって確信したので、

ごめん、どうすればいいかわからないわ。

と絶対に財布の紐を解いてなるものか!!という決意をする。そして少しだけ彼と話しして別れた。

 

別れてから30秒くらいして、

なんかものすごく彼が気の毒になった。それと同時に今まで国内外で見ず知らずの自分に優しくしてくれた人達の顔が出て来たので、してもらったことは他の人にしてあげなきゃ!Spread Kindness!!!

 

急いでコンビニに向かい、パンとジュースを買い、彼を探すことに。

 

広い成田空港。なかなか彼が見つからない。探すこと20分くらい。

 

いた!!!!

 

キャリーバッグと荷物かゴミかわからないものに囲まれて座っていた。パンとジュースを渡すとめちゃめちゃ喜んでた!

 

あーー、よかった。心の中のもやもやも晴れた!と思いきや、彼のキャリーバッグに括り付けてある袋の中身が見えた。

 

おい!!こら!!!お前、パン3つと500のペットボトル持っとるやないけ!!!!!!!!!

 

俺『食べ物あるじゃん!!!しかもパンが俺が買って来たものよりもでかいし!』

 

男『いやー、これじゃ足りないんだよね、ハハハ』

 

ハハハ、じゃねーよ!こちとら時間迫って来てるのに20分も探したんだぞ!!!!!!

 

でもなんかバカバカしくなり、まぁ、これもいい思い出だなと写真をパシャり。

f:id:kon0416:20170223213012j:image

 いやー、スタートから早速だなーって思ってたらまたアメリカ、ニューヨークでの乗り継ぎで一悶着が。その話はまた後で。

 

危うく飛行機を乗り過ごしそうになった。今はなんとか乗り継ぎ、日本から合計26時間を経てブラジル、リオデジャネイロに到着!自撮りとか普段しないんだけど浮浪者感出ちゃってるのが自分でも面白くなりここでもパシャり。笑

f:id:kon0416:20170223213645j:image

 

ブラジル!!!母ちゃん、歩きながら母乳を与えるな!笑 オープン過ぎだぜブラジル!笑

 f:id:kon0416:20170223213714j:image

 

では行って来まーす。

ヒッチハイク女子現る!!

後輩から連絡が!

こんどーさーーん、時間ないですか??

突然、来た連絡。どうやら後輩が東京に遊びに来ていたようだ。

 

その夜、新宿で合流し、後輩の友人を含めていろんな話をする。

 

そして話は僕が旅を始めた理由に。。。

 

f:id:kon0416:20170219072439j:plain

 

 

僕が旅に出た理由

遊びに遊び続けた大学時代、ある日、そんな生活に物足りなさを感じ始めたのがきっかけだった。何をしても満たされないものが心の何処かに確かに感じていた。

よく言う、心にぽっかり穴が空いている状態。その穴は始めは小さな小さなものだった。しかし、気が付いた時には大きな大きな穴になり無視できない状態に。何か足りない、でもそれが何かわからない。延々と埋まることのない何かを探し続ける日々。

そんな中、決定的な出来事が、、、並々ならぬ情熱を持っていた(つもりだったかもしれないが)教員という夢の挫折。

あれを挫折と呼んでいいかわからないけど、僕の中では人生最大の失敗。挫折。

ちょうどその時期は何もかも上手くいかないかった。何をしても満たされない。夢は無くなってしまう。生きていても楽しくない。

そんな風に考えるまでに。

 

その挫折から三ヶ月は大学には一切行かなかった。していたことと言えば、朝に遊びから帰ってきて、昼過ぎまで寝る。学校に行くフリをして家を出て、したくもないパチンコで時間を潰し、その後バイトに行く。終わったらまた朝まで遊ぶ(遊んでいないとおかしくなりそうだった)

 

生活を本当に変えたかった。でもどうやって変えたらいいかさっぱり見当がつかない。時間は経つばかり。

 

そんなある日、人生を変える出会いが。

『自分の常識の外に飛び出そう!誰が決めたかもわからない常識の壁をぶっ壊そう!

そして自分だけの人生を生きよう。』

 

そんなメッセージをその方の昔話とともに受け取った。話の内容はというと、その当時の僕にとってはまるでテレビの中の話。それを遠い目をして懐かしそうに語るその人が光って見えた。今までにないくらいの強い衝撃だった。

『こんな人に俺もなりたい』

 

最後、話の締めくくりに

『それだけ悩んでも悩んでも自分が何を求めているかわからないなら、もう行動するしかないよ!!大丈夫。失敗したっていい。何か自分の非・常識の世界へ飛び込む決断をし、そのスタートラインに立った瞬間から何かが変わっているから』

雷に打たれた瞬間だった。何かが変わる。奥底から湧いてくるものを感じた。

 

『暗ーーい、暗ーーい洞窟の中を長い間彷徨い続けたところに見えた一点の小さな光。気のせいかもしれないぐらい小さな光。でもそれを追いかけることに疑問はなく、全力でその光を目指そうとする』そんな感覚。

 

身近にこんなにはっとする出会いがあったのだから、1億人以上いるこの日本に自分を変えてくれる人がいるはずだ!!自分を変えてくれる人に会いに行こう!

考えてみれば、自分が生まれた国、日本を自分の国なのにまだまだ知らない、行ったことのないところだらけ。教科書で見る有名なお寺やお城は写真のみ。そんなの外国人と何ら変わらない。そこにどんな人たちがいるかもわからない。もっと自分が生まれた国を知ろう!日本人を知ろう!たくさんの人生に触れよう!!

 

ということで(たくさんの人と話すためのヒッチハイク、考え事をひたすらする電車)の日本縦断の旅がはじまった。

f:id:kon0416:20170219081711j:plain

 

 

こーーーんな

f:id:kon0416:20170219084353j:plain

 

感じで見ず知らずの自分が

f:id:kon0416:20170219084631j:plain

 

様々な人から

f:id:kon0416:20170219084650j:plain

 

愛情をいっぱい頂いた旅。そんな話をしていたら

 

本題のヒッチハイク女子誕生!!!

「うわぁーー、バス時間迫って来た。もっと色々話したい。決めた!!
バス見逃して、ヒッチハイクで帰る!!」

え?

 

いやいやいや、まさか

 

Mちゃん「だって就職前の今しかできないって思った!」

 

え?

 

最初は冗談かと思っていた。

 

ガチだった、、、

 

今までヒッチハイクしたことがある女の子にはあったこともあるし、そんな子が意外といっぱいいるのも知ってる。前に読んだけど、こんな本も出てる

 

けど!!こんなにすんなり、しかも身近な後輩がするなんて夢にも思わなかった。

 

コンビニからダンボールを調達し、準備中♪

f:id:kon0416:20170219085821j:plain

 

 

Mちゃん「うわぁ〜ワクワクして来た♪」

 

そんな0から1歩を踏み出す人を見守れるのは本当に自分もワクワクする!!!!

 

じゃん!!

f:id:kon0416:20170219090258j:plain

 

 ヒッチハイクで乗せてもらいやすい方法や場所を教え、いつものニコニコ顔で大きな一歩を踏み出したのでした。

 

f:id:kon0416:20170219090754j:plain

 

 

そんな彼女の勇敢な後ろ姿を見送った1時間後、連絡が!!

 

 

Mちゃん「近藤さん!!!乗せてもらえる!!!」

 

なかなか止まるところがない大きな道路でなんとか乗せてもらえる人に出会えたようだ。

 

 

ヒッチハイクや海外バックパッカーの経験なんて仕事や自分の夢に直接は関係ないかもしれない。ある人はお気楽もの。世間知らずなんていうかもしれない。

でも

先が見えない未知の世界への、下手すりゃ死ぬ危険もあるような一歩あなたは踏み出せますか?

将来に直接関係なくても、未知の世界に飛び込んだっていう経験は一生の宝物になるはずだ。一生の自信になるはずだ。その一回で人生が変わるかもしれない。

 

口でいろいろ言うのは簡単だけど実際に行動できる人はほんのごくわずか。

やめる理由を見つけるのは簡単だけど、それをものともしない、やる理由を見つけるのはむずかしい。それは男女関係なしに。

できればこの記事を悩み多き、まだくすぶってるある友人に読んでもらいたい。

 

彼女からすてきな刺激をもらった。

俺もがんばらなきゃ!

 

高橋歩信者ではないが、でも確かに人生の大きな可能性を知った1冊。この本をふと思い出した。また読んでみようかな。

 

P.S.

Mちゃん

引き続きヒッチハイク気をつけて!!心をオープンに素敵な旅を!出会いを!